すっぽん小町のメリットとデメリットとは?

すっぽん小町

 

すっぽん小町は数々の賞に表彰され、リピート率が90%、発売から販売数は1,000万袋を越えています。人気と実績のあるサプリメントです。そんなすっぽん小町にもデメリットを検証してみましょう。

 

すっぽん小町

 

デメリット

  1. お店での購入ができない
  2. すぐに効果が出ない
  3. にきびや湿疹が出る

 

ネットを使い慣れている世代にとっては、自宅にいながらにして買い物ができるのは大きな魅力です。

 

わざわざ電車に乗る必要もありません。遠くは海外のものまで、ネットにつなげれば、カードを使ってショッピングができます。

 

携帯電話を使う年配の人は増えましたが、ネットでの買い物を簡単に操作する人は多くはありません。また、年代が上がるほど、買い物はお店でするものと決めている傾向もあります。例え良い商品があっても、限られた年齢層には浸透しにくい面は否定できません。

 

期待していた効果がでなかった人や変化が感じられなかった人がいます。そして、中にはすっぽん小町を取り出してから、肌にぽつぽつと赤い湿疹やニキビが出てしまった人もいます。

 

すっぽん小町

 

メリット

  1. ていねいアテンダントの対応
  2. 薬ではない
  3. ぎっしり詰まった栄養素

 

すっぽん小町は、薬局やお店での小売はしていません。その代わりに、ていねい通販の「ていねいアテンダント」が毎日コールセンターで対応しています。

 

お店での購入はできませんが、電話で注文や変更ができるのならば安心して購入ができます。葉書やファックスでも注文を受け付けているので、広い世代のことを考慮してる表れです。

 

また、公式サイトの上部をクリックすれば、文字の大きさが変えられます。ネットの文字が読みづらい人にも、利用しやすくなっています。

 

すっぽん小町は薬ではありません。強い効果が短時間で表れることのない分、副作用の心配がありません。即効性はありませんが、多くの人に安心して使ってもらえるサプリメントです。

 

丸ごとのすっぽんを余すところなくカプセルに詰め込んでいます。そのために、中には豊富な栄養素に体が反応をしてニキビや湿疹となって出る場合があります。

 

そんな時には、コールセンターに相談をしてみるのもひとつの方法です。また30日間返金制度がついていますので、体に合わなかった場合には、手続きを始めて代金を返却してもらいましょう。